分譲マンションを購入すればリフォームが必要

購入時のリフォーム

分譲マンションを購入すると、リフォームについて考えなければならない時期があります。マンションをリフォームする場面としては、まず、中古マンションを購入したときがあります。中古マンションを購入した場合には、リフォームしてから居住を開始することが多くなっています。このときには、自分にとって住みやすい間取りや内装にするために、大がかりなリノベーションを行うことも多いと思います。新築マンションを購入するよりも、中古マンションを購入してリノベーションを行った方が安くすむことが多いため、近年は中古マンションのリノベーションが盛んに行われています。中古マンションを購入してリフォームを行う場合、不動産会社からリフォーム業者を紹介されることもあります。しかし、納得のいくリフォームを行うためには、自分で業者を探してみることも大事です。

分譲マンションのリフォームには注意が必要です。特に共有部分と重なってるような場合、必ず管理会社に確認しましょう。

居住中のリフォーム

マンションも、住んでいるうちにリフォームが必要になってきます。たとえば、給湯器の交換、キッチンコンロの交換、換気扇の交換、壁紙の張り替えなどは10~15年程度で必要になってきます。また、キッチンセットの交換、ユニットバスの交換、洗面台の交換、便器の交換、床の張り替えなども15~20年程度で行った方が良いでしょう。長年のうちに、家族のライフスタイルが変化してきますから、間取りの変更をしたいことも多いと思います。マンションの場合には、リフォームの自由度が戸建ほど高くありません。マンションには専有部分と共用部分がありますが、個人でリフォームできるのは専有部分に限られます。また、間仕切り壁がコンクリートの場合には、壁に穴を開けたり移動したりすることはできません。水回りの移動も、配管状況等によって制限されることがあります。マンションの規約も確認し、マンションリフォームに詳しい業者に相談しながら進めましょう。

中古マンションをリノベーションするために必要な全知識 – ひかリノベ