費用とメリットを考えてリフォームを決める

太陽光発電システムとは?

住宅をリフォームして、太陽光発電システムを導入したいと考えている人も多いと思います。太陽光発電システムとは、屋根の上に設置した太陽電池モジュールを使って太陽光のエネルギーを集めることにより発電を行う装置です。太陽光発電は石油や石炭などを利用しないため、二酸化炭素を排出しません。太陽光はクリーンなエネルギーですから、エコな発電方法として注目を浴びています。太陽光発電で発電した電力は、自宅の電気製品に使えるだけでなく、余ったら電力会社に売ることもできます。電気代の節約にもなるということで、太陽光発電に興味を持つ人も多くなっています。太陽光発電システムを作っているメーカーは何社かありますから、導入時にはどのメーカーのものを選んだら良いかについても悩んでしまうと思います。太陽光発電システムを導入するなら、信頼できる業者を選んで相談することが大切です。

オール電化で電気料金がお得に

太陽光発電はオール電化と組み合わせるとメリットがあると言われています

オール電化では、ガスを使わず、エネルギー源を電気に一本化することになります。オール電化にすれば、オール電化特別料金が適用され、電気料金が割引になります。また、割安な夜間の電力を使ってお湯を沸かすことで、光熱費を大幅に削減することも可能になります。太陽光発電では、電力会社から電気を買わず、太陽光を使って発電を行いますから、オール電化と組み合わせると、さらに電気料金をお得にすることが可能になります。太陽光発電やオール電化の導入を考えるときには、トータルでどれくらいの費用がかかるのか、費用をかけるだけのメリットがあるのかなど、様々な点が気になると思います。太陽光発電やオール電化の実績が豊富な業者に相談しながら、リフォームをどう進めるかを決めていくのがおすすめです。

オール電化のメリットとデメリットを徹底紹介|エネチェンジ