後悔しないリフォームをするために

いつリフォームするか

家を新築した場合には、いつ頃リフォーム時期が来るのかが気になると思います。リフォームの時期は、だいたい10年周期と言われています。戸建では、屋根や外壁のリフォームが必要になってきます。屋根や外壁は年数が経過すると見た目が悪くなってきますが、リフォームは見た目のためだけではなく、住宅を長持ちさせるために重要になってきます。と言うのも、屋根や外壁が劣化すると、雨風や紫外線から家を守ることができなくなってしまうからです。外壁塗装に使われる塗料のうち、アクリル樹脂塗料の法定耐用年数は5~7年、ウレタン樹脂の法定耐用年数は10年となっていますので、10年程度で外壁の塗り替えをするのがおすすめです。屋根については、トタン屋根の耐用年数は10年ですが、塗装をすれば寿命が延びます。金属屋根は20~30年、瓦屋根は50年程度持ちますが、メンテナンスは必要です。

場所・部位 リフォーム時期・タイミング
外壁まわり 10~20年
屋根まわり 塗装…………10年
葺き替え……20年
水・ガスまわり
(キッチン・トイレ・浴室)
10~20年
(本体交換も要検討)
床・壁紙などの内装 畳の表替え………3~5年
壁紙張り替え……10年
窓まわり・建具 20~30年

https://rehome-navi.com/articles/79

建て替えとどちらが良いか

戸建で大がかりなリフォームをする場合には、家を建て替えた方が良いのかで悩むこともあると思います。リフォームでは住宅の基礎の部分は残したまま改築や修繕、増築などを行いますが、建て替えでは基礎部分も取り壊して、新たに住宅を建築することになります。建て替えを行うとなると、リフォームするのに比べて費用がかかってしまうだけでなく、工期が長くなってしまいます。ただし、建て替えすれば間取りを自由に設計し直すことができますから、理想の住まいを実現しやすくなります。なお、住宅の状態によっては、リフォームするにしても多額の費用がかかってしまうことがあります。たとえば、住宅の基礎部分に大がかりな補修が必要な場合には、リフォームしても費用がかさんでしまいます。このような場合には、建て替えした方がメリットが大きいと考えられます。リフォームか建て替えかは、専門の業者に相談しながら、じっくり検討するのがおすすめです。